Rio Tinto、マーク・ベニオフ率いるTIME Ventures、炭素回収スタートアップCarbonCaptureに40億円を出資

 

気候変動対策スタートアップであるCarbonCapture社は、シリーズA資金調達ラウンドを終了したことを発表しました。リオ・ティント社、Idealab Studio社、Idealab X社、マーク・ベニオフ氏のTIME Ventures社など、一連の著名な投資家や企業から3,500万ドル(約40億円)を調達した。

炭素回収技術は、大気中や産業界から排出されるCO2を地中深くに封じ込めたり鉱物化する前に除去する技術。炭素回収技術の規模拡大は、世界的な気候変動目標の達成に向けて重要であると考えられており、この分野は企業、政府、投資家にとって重要な投資対象となっている。

CarbonCapture社は、Idealab Studioで開発され、ゼオライトと呼ばれる特殊な素材を使用して大気中のCO2を吸収するモジュール式のDAC(Direct Air Capture)マシンを製造している。再生可能エネルギーを利用したこの機械は、周囲の空気を取り込み、ゼオライトと結合させてCO2を回収し、その他のガスを放出する。本CO2は地下深くの岩盤に注入され、固体に永久変換されたり、工業用に利用されたりします。ゼオライトを使用することで、二酸化炭素回収のコストを下げ、大規模なスケールでの展開を可能にする。

マーク・ベニオフは次のように述べている。

「大気中から炭素を除去することは、気候変動と戦うための最も効果的で重要な方法の一つです。は、気候危機を解決するために必要なイノベーションの精神を表しており、次世代技術を活用して大気中から炭素を取り出し、気候変動の最悪の影響を回避します。」

最初の導入は、リオ・ティント社とタロン・メタルズ社が保有する米国中西部の金属鉱山で行う予定で、使用されていない鉱山や尾鉱を利用して、回収した炭素を鉱石化して永久に貯蔵することなどを目的としている。

【参照ページ】
(参考記事)Carbon Capture Inc. Closes $35 Million Series A Funding From Prime Movers Lab, Rio Tinto, Idealab Studio, and Time Ventures
(日本語訳)Rio Tinto、マーク・ベニオフ率いるTIME Ventures、炭素回収スタートアップのCarbonCaptureに40億円を出資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る