Just Climate、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

アル・ゴアの気候変動基金、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

2月1日、気候ソリューションに特化した投資事業であるJust Climateは、鉄鋼セクターの脱炭素化、電動モビリティの加速、メーカーへの再生可能エネルギーの提供を支援するソリューションを持つ企業を支援する、初回投資3件を発表した。

アル・ゴア元米国副大統領が会長を務めるサステナビリティに特化した投資会社Generation Investment Managementが2021年10月に設立したJust Climateは、緩和が困難な分野や地域のプロジェクトや企業への投資に焦点を当て、インパクトを与えると同時に適切なリスク調整後リターンを実現することを目指している。同ファンドは、エネルギー・輸送・産業・建築などの分野における触媒的な気候変動対策と、食料・農業・海洋などの自然変動対策を対象とする。

Just Climateの最初の投資先企業は、ABB E-mobility、H2 Green Steel、Meva Energyの3社である。

スイスに本社を置くABB E-mobilityは、スマートホーム充電器や高出力充電器などのEV充電ソリューションに加え、様々なデジタルサービスや高度なエネルギー・車両管理ソリューションも提供している。Just Climateの出資は、同社が親会社のABBから独立した企業として上場を準備するために計画されたIPOに先立つ、3億2,500万スイスフラン(約460億円)の融資の一部を構成している。

2020年に設立された H2 Green Steel は、世界初の大規模な脱化石燃料製鉄所を建設しており、同プロジェクトには鉄鋼生産施設と一体化したギガスケールのグリーン水素プラントが含まれている。同プラントは、酸化鉄から酸素を取り除くために、グリーン電力で製造された水素を採用し、通常発生するCO2の95%を回避する。H2GSは、製造工程で必要となるエネルギーに100%再生可能な資源から得られる電力を使用し、2030年までに化石燃料を使用しない鉄鋼を500万トン生産する予定である。Just Climateによる投資は、10月に発表された同社の2億6,000万ドル(約335億円)のシリーズB増資の一部を構成している。

Meva Energyは、おがくずなどの生物起源残渣を再生可能なガスに変換する革新的なガス化技術を製造業向けに提供している。同社によると、今回の投資により、研究開発中心から産業規模の事業会社への移行が加速する。

【参照ページ】
(原文)JUST CLIMATE ANNOUNCES ITS FIRST THREE INVESTMENTS
(日本語参考訳)アル・ゴアの気候変動基金、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る