Investor Agenda、グローバル・ストックテイクに向け8つの要件を気候政策として提唱

9月6日、国際的な低炭素推進機関投資家イニシアチブ「Investor Agenda」は、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)グローバル・ストックテイクの実施に向け、新たな報告書を公表した。本報告書は、世界の気候政策がどのように発展してきたかをまとめ、今後の気候政策を支えるべき中核的な特徴を説明するものである。また、オーストラリア、EU、日本、米国における効果的な気候変動資金政策について、いくつかのケーススタディも紹介している。

Investor Agendaは、AIGCC、CDP、Ceres、IGCC、IIGCC、国連責任投資原則(PRI)、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)の7団体で構成される。

本報告書では、政府や政策立案者が適切な政策を設定すれば、投資家が地球温暖化を緩和し、地域社会や経済を気候変動による被害や混乱から守るために、多額の資本を投下できる環境が整うと主張。ひいては、受益者の利益を守りつつ、政府が気候変動に関する目標や義務を果たすことにもつながるとしている。地球温暖化を1.5℃に抑え、パリ協定の目標を達成するための要件として「行動への明確なコミットメント」「明確な短期・中期・長期目標」「包括的かつ大規模な政策」「セクター別政策」「適切なインセンティブの提供」「公正な移行」「透明性」からなる8つを挙げた。

【参照ページ】
(原文)New Investor Agenda report identifies eight features for global climate policy required to catalyse greater climate action
(日本語参考訳)Investor Agenda、グローバル・ストックテイクに向け8つの要件を気候政策として提唱

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る