NatureAlpha、TNFDコア指標モジュールと生物多様性VaRを発表

9月18日、機関投資家向け自然資本データプロバイダーNatureAlphaは、新たな「TNFDコア指標モジュール」と「生物多様性VaR(バリュー・アット・リスク)指標」を発表した。本ツールにより、投資家は生物多様性と自然リスクの複雑な状況をナビゲートできる。

TNFDコア指標モジュールは、NatureAlphaの「自然と生物多様性の分析」フレームワークに基づき、移行リスクの最小化、影響と依存性の測定、物理的リスクの低減、自然をポジティブにする経路との整合性の確保という4つの主要な側面に焦点を当てている。これらの側面は、基本的なフットプリント・データから高度なシナリオ分析に至るまで、様々なデータ測定基準やモデルを包含する。

生物多様性VaRは、投資ポートフォリオにおける生物多様性に関連するリスクと機会を測定するための定量評価を提供する。生物多様性と自然の損失が企業の評価にどのような影響を与えるかを明らかにするもので、生物多様性インタクト、TNFDが推奨する移行シナリオ、科学文献から抽出したマテリアリティ・モデルを組み合わせ、シナリオを作成する。地理空間的に生成された特定のデータを統合し、企業固有の洞察も提供する。

NatureAlphaは現在、135を超える自然と生物多様性の指標を提供する。機関投資家がTNFDと連携し、生物多様性のグローバルな目標に効果的に関与することをサポートしている。

【参照ページ】
(原文)TNFD launch | NatureAlpha launches TNFD Core Metrics & Biodiversity VaR
(日本語参考訳)NatureAlpha、TNFDコア指標モジュールと生物多様性VaRを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る