資産運用会社DWS、パリ協定に準拠したETFスイートを拡充

9月5日、欧州最大級の資産運用会社であるDWSは、同社の上場投資信託事業であるXtrackersにおいて、気候変動に焦点を当てた3本の新しいETFを発売し、米国、欧州、日本の株式市場に投資するファンドでパリ協定に焦点を当てた商品シリーズを拡大すると発表した。

本ETFは、Solactive ISS ESGネット・ゼロ・パスウェイ・インデックス・シリーズに連動するDWSの最新作で、3月にはユーロ圏と先進国市場の株式に焦点を当てたこのシリーズの最初のファンドがローンチされている。

ETFの原指標は、EUのパリ協定ベンチマーク(PAB)規則に対応している。本インデックスは、同等の非ESG市場ベンチマークに対して炭素強度を50%削減し、年間7%の脱炭素化経路を継続的に提供する。

パリ協定の要件に加え、指数提供者のSolactiveは、気候変動に関する機関投資家グループ(IIGCC)のネット・ゼロ投資フレームワーク実施ガイドの勧告も考慮し、指数メンバーを炭素強度によって重み付けするとともに、SBTi(Science Based Targets initiative)とTCFD報告基準への取り組みによって重み付けすると指摘している。

【参照ページ】
(参考記事)DWS expands suite of Paris-aligned climate ETFs
(日本語訳)DWS、パリ協定に準拠したETFスイートを拡充

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る