Assent、製造業向けのサプライチェーン・サステナビリティ・レポーティング・ソリューションを発表

9月13日、サプライチェーン・サステナビリティ・マネジメント・ソリューションのプロバイダーであるAssentは、複雑な製造業者を対象とし、進化するESG基準や規制を先取りすることを目的とした新しいESGワークフローソリューション、Assent ESGの発売を発表した。

Assentによると、本ソリューションは、工業製造、電子機器、医療機器、自動車、航空宇宙・防衛など幅広い業界の複合メーカーが、正確なESGサプライチェーンの報告・管理に対する市場圧力の高まりに直面し、ESG報告環境が急速に進化して報告要件が増加していることから生まれたものだという。

新しいSaaSベースのソリューションには、温室効果ガス(GHG)排出量、児童労働、人間の奴隷と人身売買、その他の主要なサステナビリティトピックなど、重要なテーマに関するグローバルなサプライチェーン報告機能の強化が含まれている。Assent ESGは、OECD、TCFD、GRI、SASBなどの標準に準拠しており、サプライヤーとの最初の契約からサステナビリティ報告まで、サプライチェーンのESGワークフロー全体にわたる包括的なガイダンスを通じて、複雑な製造業者が新しい要件に積極的に備えることを可能にする。

本ソリューションの主な機能には、設定可能なESGサプライヤー調査のトピック、サプライヤーのリスクスコアを可視化するダッシュボード、特定のESG指標を掘り下げる機能、業界標準に沿ったプラグアンドプレイのサステナビリティレポートテンプレートが含まれる。また、欠陥や問題、不適合が確認された場合の是正措置の機能も含まれている。

【参照ページ】
(原文)Assent Announces Complete ESG Workflow Solution for Complex Manufacturers to Streamline Supply Chain Sustainability Reporting and Improve Ratings
(日本語訳)Assent、製造業向けのサプライチェーン・サステナビリティ・レポーティング・ソリューションを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る