サムスン電子、家電10モデルで製品カーボンフットプリント認証を取得

1月10日、電子機器世界大手韓国サムスン電子は、DA事業の3つの製品グループのうち10モデルがカーボン・トラストから「プロダクト・カーボン・フットプリント」認証を取得したと発表した。本認証は、カーボントラストが世界標準規格である「PAS 2050:2011」に基づき、製品の炭素排出量を測定・確認したことを証明するものである。

カーボン・トラストは、脱炭素の未来への移行を加速させることを目的とした世界的な気候コンサルティングファーム。英国で設立され、グローバルに活動する本組織は、国際基準に従って製品のカーボンフットプリントを認証している。

サムスン製品は、原材料の採取から製造、流通、使用、最終的な廃棄に至るまで、製品のGHG排出量全体を測定し認証された。

本認証は、欧州で販売されているBMF冷蔵庫3モデル1および「WindFree」家庭用エアコン1モデル2、韓国で販売されている「Bespoke Grande」洗濯機6モデル3の合計10モデルに発行される。

今後、サムスン電子は、測定された数値を基に、当該製品群の後継モデルの生産に伴う炭素排出量を管理・評価する予定である。

【参照ページ】
(原文)Samsung Digital Appliances Obtains the Product Carbon Footprint Certification by the Carbon Trust
(日本語参考訳)サムスン電子、家電10モデルで製品カーボンフットプリント認証を取得

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る