サムスン電子、家電10モデルで製品カーボンフットプリント認証を取得

1月10日、電子機器世界大手韓国サムスン電子は、DA事業の3つの製品グループのうち10モデルがカーボン・トラストから「プロダクト・カーボン・フットプリント」認証を取得したと発表した。本認証は、カーボントラストが世界標準規格である「PAS 2050:2011」に基づき、製品の炭素排出量を測定・確認したことを証明するものである。

カーボン・トラストは、脱炭素の未来への移行を加速させることを目的とした世界的な気候コンサルティングファーム。英国で設立され、グローバルに活動する本組織は、国際基準に従って製品のカーボンフットプリントを認証している。

サムスン製品は、原材料の採取から製造、流通、使用、最終的な廃棄に至るまで、製品のGHG排出量全体を測定し認証された。

本認証は、欧州で販売されているBMF冷蔵庫3モデル1および「WindFree」家庭用エアコン1モデル2、韓国で販売されている「Bespoke Grande」洗濯機6モデル3の合計10モデルに発行される。

今後、サムスン電子は、測定された数値を基に、当該製品群の後継モデルの生産に伴う炭素排出量を管理・評価する予定である。

【参照ページ】
(原文)Samsung Digital Appliances Obtains the Product Carbon Footprint Certification by the Carbon Trust
(日本語参考訳)サムスン電子、家電10モデルで製品カーボンフットプリント認証を取得

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る