Firmenich、2039年までのネット・ゼロ・エミッションを約束

8月23日、フレグランスおよび嗜好品会社であるFirmenichは、2039 年までにバリューチェーン全体で温室効果ガス (GHG) の排出をネット・ゼロにすることを約束することを発表した。また、同社の短期および長期の排出量削減目標が、Science Based Targets initiative (SBTi) によって検証・承認されたことも発表した。

SBTiは、気候変動への対応と抑制という世界的な目標と、企業の環境持続可能性行動との整合性に焦点を当てた重要な組織の一つ。昨年、SBTiは「ネット・ゼロ・スタンダード」を立ち上げ、ネット・ゼロ・エミッションを達成するための企業の取り組みを評価・認証するための厳格な基準を設定した。また、SBTiは、気候変動による最悪の影響を回避するために必要な1.5℃温暖化の野心に沿った目標のみを受け入れることを発表し、承認された気候目標の基準を厳しくしている。

調達パートナーによるエネルギー使用など、サプライチェーンに与える影響に対処するため、Firmenichは、2021年を基準として、2039年までにスコープ3のGHG排出量を90%削減することを約束している。また、2026年までに科学的根拠に基づく目標を設定することで、80%のサプライヤーが消費することを目標としている。

本発表は、2021年に発表されたフィルメニックのESG戦略に続くもので、2025年までに直接事業において気候変動に左右されない企業になること、2030年までにカーボンニュートラルになること、2030年までに水不足の地域における事業でウォーターニュートラルになること、2030年までにプラスチック廃棄物を100%リサイクルまたは再利用することなどの目標が盛り込まれている。また、2030年までに、生産する香料のすべてを再生可能なものにすること、自然保護プログラムの100%を科学的根拠に基づく目標に照らして報告することなども約束した。

【参照ページ】
(原文)Firmenich Receives SBTi Approval For Net-Zero Emissions Target
(日本語訳)Firmenich、2039年までのネット・ゼロ・エミッションを約束

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る