シンガポール、主要セクターにおけるグリーン活動と移行活動を定義する分類法を発表

 

12月4日、シンガポールの中央銀行であり金融規制当局であるシンガポール金融管理局(MAS)は、「持続可能な金融のためのシンガポール・アジア分類法(Singapore-Asia Taxonomy for Sustainable Finance)」の立ち上げを発表した。

また、MASによれば、新しい分類法は、金融機関が融資活動とラベル付けされた投資商品の整合性を特定し、開示できるようにすることで、「グリーンまたはトランジション・ウォッシング」リスクを軽減することも目的としている。

この分類法は、8つの重点セクターの活動を対象としており、それぞれに技術的な審査基準が設けられている。タクソノミーの対象となるセクターは、エネルギー、不動産、運輸、農林業/土地利用、産業、情報通信技術、廃棄物/サーキュラー・エコノミー、炭素回収・隔離などである。

今回の発表は、EU、英国、オーストラリアですでに確立または開発中の分類システムを含め、持続可能な経済活動を定義するための分類システムを確立するための、管轄区域を超えた一連の取り組みの最新版となる。

シンガポール・アジア分類法は、「移行」カテゴリーを導入する最初のものとなり、利用者がグリーン、アンバー(移行)、不適格の活動を区別できるようにすることを目的とした「トラフィックライト」システムを含む。一方、アンバーの活動には、1.5℃の道筋にはまだ立っていないが、定められた期間内にグリーンな移行経路に移行するもの、あるいは短期的に大幅な排出削減を促進するもので、所定の期限を定めているものが含まれる。

また、この分類法では、グリーン基準を長期的に満たすために、活動の排出原単位の削減を支援する脱炭素化対策への投資を奨励することで、持続可能な移行を促進することを目的とした「対策ベースのアプローチ」を導入している。

MASによると、移行活動の定義の導入は、ネット・ゼロへのシフトと経済発展、人口増加、エネルギー需要の増加のバランスをとっているアジアにとって特に適切である。

シンガポール・アジア分類法の立ち上げは、一連の公開協議に続くもので、持続可能な金融イニシアティブに焦点を当てたMASによって招集された業界主導のイニシアティブであるグリーン・ファイナンス・インダストリータスクフォース(GFIT)との共同作業である。

【参照ページ】
Singapore-Asia Taxonomy for Sustainable Finance | 2023 Edition

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る