EU議員団、環境と人権の持続可能性に関する新しいデュー・ディリジェンス法について合意

EU議員団、環境と人権の持続可能性に関する新しいデュー・ディリジェンス法について合意に達する

12月14日、欧州議会と欧州理事会の議員らは、EUが提案する企業持続可能性デューデリジェンス指令(CSDDD)について暫定合意に達したと発表した。これは、大企業に対し、バリューチェーンにおける人権や環境への悪影響を評価し、対処することを求める企業向け規則の概要を定めたものである。

本合意は、欧州委員会が2022年2月にCSDDD指令案を発表したことを受けたもので、企業がサプライチェーンの上流や、流通やリサイクルなど一部の下流の活動において、児童労働や奴隷制度から汚染や排出、森林伐採、生態系へのダメージに至るまで、人と地球に与える影響を特定、評価、予防、緩和、対処、救済する義務を定めている。

新規則は、従業員500人以上、全世界での売上高が1億5000万ユーロ(約233億円)以上のEU企業、および従業員250人以上、売上高4000万ユーロ(約62億円)以上で、繊維・衣料・履物の製造、農業、鉱物資源、建設に関連する主要部門で2000万ユーロ(約31億円)以上の売上高を計上している企業に適用される。

また、指令の発効から3年後には、EU域内で3億ユーロ(約467億円)以上の純収入がある非EU企業にも要件が適用される。

新指令は、影響を受ける企業に対し、アプローチ、プロセス、行動規範の記述を含め、影響に関するデューデリジェンスを自社の方針とリスク管理システムに統合することを求める。

また、地球温暖化を1.5℃に抑えるというパリ協定の目標に自社のビジネスモデルと戦略が合致するよう、気候変動移行計画を採用することも求めている。

EU議会の交渉姿勢が求めた欧州委員会の提案に対する重要な変更のひとつは、金融サービス業者を新指令に含めることであった。今回の交渉合意では、金融セクターは一時的にCSDDDの要件の大半から除外される一方、将来的に金融セクターを含める可能性があるため、見直し条項が盛り込まれる。

新規則には、企業が事業活動によって影響を受ける人々との関わりを持つための要件も含まれており、その義務には、苦情処理メカニズムの導入、悪影響に関係する人々による請求のための5年間の期間、デューデリジェンス方針の伝達、方針の有効性の監視などが含まれる。

さらに、新たに合意された指令は、監督と制裁のシステムも定めており、加盟国は義務の遵守を監視する監督当局を設置し、「名指しで恥をかかせる」ことを含む罰則や、世界全体の年間売上高の5%もの罰金を科すことができる。

サステナビリティを重視するグループは本合意を歓迎したが、指令の義務から金融セクターが除外されていることに懸念を表明した。

【参照ページ】
(原文)Corporate sustainability due diligence: Council and Parliament strike deal to protect environment and human rights

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る