エア・カナダ、カーボン・エンジニアリング社と航空機の脱炭素化ソリューションを検討

エア・カナダ、カーボン・エンジニアリング社と航空機の脱炭素化ソリューションを検討

11月10日、エア・カナダはクリーンエネルギー企業であるカーボン・エンジニアリング社(CE)と協力して、航空機の脱炭素化ソリューションを推進し、空気の直接回収、持続可能な航空燃料(SAF)、炭素除去技術などの可能性を検討する新たな合意を発表した。

航空業界は、温室効果ガス(GHG)の重要な排出源として注目されており、世界全体の排出量の2〜3%を占めている。航空機の効率化、持続可能な航空燃料の開発、電気や水素などの低炭素またはゼロカーボン推進システムを採用した航空機の開発など、航空業界の気候変動への影響に対処するためのさまざまな取り組みが行われている。

CE社は、大気中の二酸化炭素を回収する独自のDAC(Direct Air Capture)技術の開発に注力している。また、大気中のCO2をCEのAIR TO FUELS技術を用いてクリーンな水素と結合させることで、SAFなどの超低炭素輸送燃料の生産に利用することもできる。

今回の合意は、エア・カナダが今年初めに発表した一連のサステナビリティ目標を受けたもので、2050年までに全世界で温室効果ガス(GHG)の排出量をゼロにするという公約に加え、2030年までにフライトによるGHGの純減を20%、地上でのオペレーションによるGHGの純減を30%達成するという暫定的な目標、SAFと炭素の削減・除去に5,000万ドルを投資するという誓約が含まれている。

【参照ページ】
(原文)Air Canada and Carbon Engineering Sign MoU to Explore Commercial Opportunities for Sustainable Aviation Fuel, Carbon Removal and Decarbonization Technology
(日本語訳)エア・カナダ、カーボン・エンジニアリング社と航空機の脱炭素化ソリューションを検討

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る