タイヤ製造グッドイヤー、大豆油を使用した廃棄物運搬用タイヤを発売

5月4日、タイヤ製造大手のグッドイヤーは、ゴム配合に石油系材料の代わりに大豆油を使用したトラック用タイヤ第2弾を発表した。

廃棄物運搬用タイヤ「Endurance WHA」は、5月に発表された都市交通用タイヤ「Metro Miler」とともに、バイオベースの大豆油を使用した市販のトラック用タイヤとして発売される予定だ。

グッドイヤーは、5月9日から12日までラスベガスで開催された2022年廃棄物エキスポで新たなタイヤを発表したが、生産開始は第3四半期になるとのこと。使用される大豆油は、食品用途の残飯から供給される。 

再生可能な大豆油を配合した Endurance WHAは、約16液オンスの流動性のある石油油に置き換わる。本タイヤの導入は、2040年までにタイヤ内の石油系オイルを完全に置き換えるというグッドイヤーのコミットメントの次のステップであり、業界全体のサステナビリティのトレンドによって高まる商業的需要に対応することを目的としている。

Endurance WHAは、トレッド摩耗を最適化する2層トレッドコンパウンド、低い転がり抵抗、24/32インチのスキッド深さを提供する。また、WHAにはオプションでデュラシールテクノロジーのインナーライナーを装着することができ、トレッドのパンクを密閉してタイヤのダウンタイムや修理、早期の取り外しを軽減することができる。

【参照ページ】
(原文)GOODYEAR RELEASES ITS FIRST CITY TRANSIT TIRES MADE WITH A SUSTAINABLE SOYBEAN OIL COMPOUND
(日本語訳)グッドイヤー、持続可能な大豆油コンパウンドを使用した初の都市交通用タイヤを発売

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る