BBVA・Fifth Wall、不動産・建設業界向けの気候変動対策に向けた投資で提携

7月6日、スペインの銀行BBVAと米国の不動産テクノロジーに特化したベンチャーキャピタル企業Fifth Wallは、建設・不動産業界向けの脱炭素ソリューションへの投資を目的とした新たなパートナーシップを締結したことを発表した。

国際エネルギー機関(IEA)と国連環境計画(UNEP)によると、建物と不動産は、炭素排出量の約40%を占め、地球規模の気候変動問題に対する最も大きな要因の1つとなっている。また、長期にわたるという性質上、代替が最も困難な排出源のひとつでもある。

本パートナーシップの下、BBVAはFifth Wall’s Climate Fundを通じて、材料から運用、解体、リサイクルまで、建物のライフサイクル全体に対応する脱炭素ソリューションを求める企業に投資していく。本ファンドは、特に原材料、物流、サプライチェーン、建設、エネルギー効率、冷暖房、廃棄物管理、さらに透明性と効果的なコーポレートガバナンスを支えるイノベーションなどの分野で、業界のネット・ゼロ移行を支援する投資を優先的に行う。

BBVAは、これらの技術開発への融資を主導することで、破壊的な気候変動技術に触れ、この分野のビジネスチャンスとリスクに関する知識を得て、顧客に独自のアドバイスを提供できるようになることを目指すと述べている。

【参照ページ】
(原文)BBVA partners with Fifth Wall Climate Fund to invest in technologies to decarbonize the real estate industry
(日本語訳)BBVA・Fifth Wall、不動産・建設業界向けの気候変動対策に向けた投資で提携

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る