小売大手Rewe、ドイツサッカー協会との協力関係を解消

11月22日、ドイツ小売大手Reweは、「One Love」腕章に関するFIFAの決定を受け、ドイツサッカー協会(DFB)との協力関係を即座に終了すると発表した。

ドイツやイングランドなど欧州7カ国のサッカー協会は、数カ月前にカタール・ワールドカップ(W杯)に向けて、それぞれのキャプテンが試合で多様性や差別撤廃を訴える『One Love』とのメッセージが記された腕章を着用する計画を発表した。しかし、FIFAは大会開幕後の21日に、着用した選手には警告など処分を科すことを明かし、結局取りやめとなっていた。

これに対し、ReweのCEOリオネル・スーク氏は、「Reweグループは、多様性とバラエティの象徴である。私たちにとってサッカーとは、とりわけフェアプレー、寛容、結束を表し、私たちもこれらの価値を支持している」と述べ、「FIFAの態度は、多様性を誇る企業のCEOとして、またサッカーファンとして、絶対に容認できない」と続けた。

Reweはすでに10月にDFBに対して、長年にわたるパートナーシップ契約を継続しないことを伝えており、これはワールドカップとの実質的な関連はなかった。しかし、今回のFIFAの決定とインファンティーノ会長の発言を受けて、同社はFIFAの立場から明確に距離を置き、特にワールドカップに関してはDFBとの契約に基づく広告の権利を即時放棄すると発表した。

【参照ページ】
(原文)Nach Infantino Aussagen und FIFA Entscheidung zu „One Love“ Binde: REWE beendet Kooperation mit dem DFB
(日本語訳)インファンティーノ発言と「One Love」ネクタイに関するFIFA決定後:REWEはDFBとの協力関係を解消

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る