McKinseyとMicrosoft、脱炭素化ソリューションで提携

McKinseyとMicrosoft、エンド・ツー・エンドの脱炭素化ソリューションで提携

9月12日、世界的な経営コンサルティング会社であるMcKinseyとハイテク企業であるMicrosoftは、組織の脱炭素化戦略の立案と実行を支援するための新しい統合ソリューションの構築を発表した。

McKinseyとMicrosoftによると、本提携は、組織全体の二酸化炭素排出量を計算し、脱炭素化計画の構築と実行を支援する効率的で拡張性のあるテクノロジーソリューションに対する企業のニーズに対応するものだ。

Microsoftは今年初めから、クラウド・フォー・サステナビリティの一般提供を発表し、企業がサステナビリティのプロセスや取り組みを加速させ、ESGの洞察と透明性を実現するためのデジタルソリューション一式を提供している。

一方McKinseyは最近、お客様の事業活動から炭素を見つけ出し、取り除くことを支援するエンドツーエンドの脱炭素ソリューション、「カタリスト・ゼロ」を発表した。このソリューションは、同社が2020年に開始したネット・ゼロに焦点を当てたイニシアティブであるMcKinsey Sustainabilityの一部を構成している。

この新しいソリューションの組み合わせにより、企業はサステナビリティ関連データの収集の自動化と排出量のベースラインの確立、企業・製品・バリューチェーンレベルでの排出量の全体的な把握、詳細な脱炭素化計画の作成が可能となる。また、このソリューションにより、計画実行を通じて定期的にモニタリングを行い、予測された影響が計画通りに発生しているかどうかを判断することができる。

【参照ページ】
(原文)McKinsey and Microsoft join forces to accelerate decarbonization transformations
(日本語訳)マッキンゼーとマイクロソフト、脱炭素社会の実現に向けた変革の加速に向け協業

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る