Bruce Power、初の原子力発電用グリーンボンドを発行

Bruce Power、初の原子力発電用グリーンボンドを発行

カナダの原子力発電事業者であるBruce Power社(以下、ブルース・パワー)は、本日、原子力発電事業者としては世界初となる5億ドルのグリーンボンドの発行を発表した。

クリーンエネルギーの未来における原子力の位置づけについては、依然として議論の余地がある。原子力はカーボンフリーのエネルギーを大量に供給する能力が実証されている一方で、放射性廃棄物の管理問題やウラン採掘問題、大事故の可能性も取り上げられている。

2001年に設立されたブルース・パワー社は、TCエナジー社、OntarTCエナジー社、オンタリオ州自治体職員退職金制度(OMERS)、電力労働者組合、The Society of United Professionalsが出資するカナダのパートナーシップ企業。同社は、2064年まで二酸化炭素を排出しないエネルギーを提供するために、8基のうち6基を改修する長期契約をオンタリオ州と締結している。

ブルース・パワー社のグリーン・ファイナンス・フレームワークによると、今回の募集で得られた資金は、6基のユニットの寿命延長プログラムの資金に充てられ、ユニットの運用寿命を延ばし、運用上の安全性を改善・維持するための部品交換、改修、メンテナンスなどの投資が行われる。

【参照ページ】
(原文)Bruce Power announces $500 million issuance of first Green Bond globally for nuclear power
(日本語訳)Bruce Power社が初の原子力発電用グリーンボンドを発行

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る