DHLとApple、水素を燃料とする長距離輸送用トラックをテスト

DHLとApple、水素を燃料とする長距離輸送用トラックをテスト

ロジスティクス業界大手の独DHLグループは、Express部門が長距離輸送に水素を燃料とするトラックを試験的に導入することを発表し、アップル社がこの新しいソリューションを試す最初の顧客となった。

この試験は、Interreg NW Europeのプログラム「H2-Share」の一環として行われるもので、

欧州では、物流用途の水素を動力源とする低炭素大型車両の開発を促進することを目的としている。

水素は、クリーンなエネルギーキャリアや燃料として、また、グリーンケミカルを製造するためのCO2ニュートラルな原料として機能することから、クリーンなエネルギーの未来への移行のための重要な構成要素の一つと考えられている。しかし、工業生産や輸送などの分野で広く水素を利用するためには、生産、インフラ、普及に多大な投資が必要だ。

DHLは、バッテリー駆動のトラックなどの技術はラストワンマイルの配送に使用できるものの、ゼロエミッションのラインホールソリューションを提供するためには、水素のような再生可能エネルギーの燃料が不可欠であると述べている。パイロットプログラムでテストされているトラックは、オランダとベルギーを結ぶクロスボーダーのルートで、毎日約200kmの距離を走り、毎日燃料を補給している。

この新しい水素パイロットプログラムは、今年初めに発表されたDHLのサステナビリティロードマップに続くもので、より野心的な気候目標の導入や、役員報酬とESG目標との関連付けなどを含む、一連の脱炭素化および環境サステナビリティに関するコミットメントを含んでいる。DHLの目標には、航空輸送および長距離輸送に必要な燃料の少なくとも30%を持続可能な燃料で賄うという目標が含まれている。ロードマップを発表して以来、DHLは持続可能な航空燃料プログラム、オール電化貨物機の発注、脱炭素海上輸送の提供、カーボンニュートラルな米国内配送オプションなど、いくつかの低炭素輸送イニシアチブを発表している。

【参照ページ】DHL Express is piloting the first hydrogen truck throughout Deutsche Post DHL Group

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る