bp、英国のEV充電ネットワーク構築に1,600億円超を投資

 

3月25日、bpは英国におけるEV充電インフラおよびネットワーク構築のために、今後10年間で10億ポンド(約1,618億円)を投資する計画を発表した。本計画により、同社のEV充電事業であるbp pulseは、主要な場所でより多くの急速充電器や超高速充電器を提供し、フリート向け製品やサービスを拡大し、新しい家庭用充電デジタル製品やサービスを開始できるようになる。

bpの増強は、英首相が「緑の産業革命」計画の一環として発表した、2030年までにガソリン車とディーゼル車、バンの新車販売を禁止する法律が英国で2020年に導入されたことを受けている。2021年7月、政府は運輸脱炭素化計画を打ち出し、運輸部門全体でネット・ゼロエミッションを達成するための広範なロードマップを示し、2040年までに化石燃料使用車の段階的廃止を大型貨物車(HGV)にも拡大することを決定した。11月には、新築の住宅や建物にEVの充電ポイントを設置することを義務付ける新たな法律を導入した。

bpは、本投資により、英国のネットワークにおける公共充電ポイントの数を3倍に増やし、300kWと150kWの超高速充電ポイントの展開を加速する。また、この投資は同社の公共充電ネットワークにおける現在のEV充電技術のアップグレードと信頼性の向上にも充てられる。

【参照ページ】
(原文)bp to invest £1 billion in UK EV charging infrastructure
(日本語訳)bp、英国のEV充電ネットワーク構築のため 10億ポンドを投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る