Climeworks、アイスランドで大規模なDACプラントを建設

6月28日、チューリッヒに拠点を置くDirect Air Capture(DAC)スタートアップのClimeworksは、6億5000万ドル(約880億円)の増資を行い、同社最大のDACおよび貯蔵プラントである「マンモス」の起工式を発表した。

マンモスは、年間36,000トンのCO2回収能力を見込んでおり、Climeworksの現在の主力施設であるオルカ(容量4,000トン、すでに世界最大のDAC施設)よりも一桁大きな施設となる。新施設の建設は、操業開始まで18-24カ月かかると予想される。

DAC技術は、IEAがネット・ゼロ・エネルギー・システムへの移行における重要な炭素除去オプションとして挙げているもので、大気中から直接CO2を抽出して原料として使用したり、貯蔵と組み合わせて永久に除去したりするものである。今年初めに発表されたIPCCの気候変動緩和研究によると、温暖化を1.5℃に抑えるシナリオでは、二酸化炭素の除去方法は今後数十年にわたって年間数十億トンにまで拡大し、DACはその大部分を占める可能性があるとされている。

Climeworksは、2009年にChristoph GebaldとJan Wurzbacherによって設立され、DACのリーディングプロバイダーとして成長してきた。ClimeworksのDACは、再生可能エネルギーまたは廃棄物から生成されるエネルギーだけで駆動する。本装置は、モジュール式のCO2回収装置で構成されており、ファンで空気を吸い込み、高選択性フィルター素材の表面にCO2を捕獲し、高純度、高濃度のCO2を取り出す。

同社の商業規模プラントはいずれもアイスランドにあり、CO2の永久地下貯留を行うCarbfixや、マンモスにヘリシェイジ地熱発電所から再生可能エネルギーを供給して空気直接回収・貯留プロセス全体の電力供給を行うON Powerなどのアイスランド企業とのコラボレーションが特徴となっている。

【参照ページ】
(原文)Climeworks takes another major step on its road to building gigaton DAC capacity

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る