Equinor・SSE、トリトンパワーを買収 主要ガスプラントを低炭素水素に転換予定

6月28日、エネルギー企業のEquinorとSSE Thermalは、発電会社のTriton Powerを3億4100万ポンド(約560億円)で買収し、その主要資産である120万kWのガスタービン発電所Saltend Power Stationを水素に移行する計画を発表した。

Triton Powerは、英国の発電所を通じて、英国の卸売電力市場に電力を供給している。同社の発電容量は135万kWで、その合計出力は英国の最大50万世帯分の電力を供給するのに十分な大きさである。

120万kWのSaltend発電所は、天然ガスを使用する従来型のガスタービン複合発電機(CCGT)である。現在の主な用途は、太陽光や風力の出力が低い時期に電力を供給することだ。EquinorとSSE Thermalによると、2027年から最大30%の水素を使用し、最終的には100%まで使用できるように準備する予定であるという。

この水素は、EquinorのH2H Saltend水素プロジェクトから供給され、天然ガスを水素に改質し、炭素回収と貯留を利用して95%以上のCO2を回収する予定だ。また、このプラントは、年間1,200万トン以上のCO2を排出する英国最大の工業地帯であるハンバー地域の脱炭素化を支援し、石炭火力発電からの切り替えを促進する。

【参照ページ】
(原文)Equinor and SSE Thermal acquire Triton Power and prepare for transition to hydrogen
(日本語訳)EquinorとSSE、トリトンパワーを買収、主要ガスプラントを低炭素水素に転換予定

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る