EYとThomson Reuters、サプライチェーンリスクと規制を追跡するESGツールを発表

EYとThomson Reuters、サプライチェーンリスクと規制を追跡するESGツールを発表

11月30日、プロフェッショナル・サービス企業のEY USとビジネス情報サービス企業のThomson Reutersは、新しいESGツールの提供開始を発表した。サプライチェーンの透明性と政策の追跡に関するニーズに対応するソリューションの提供を目的とした両社の提携拡大の一環である。

両社は本提携により、企業や政府の顧客が隠れたリスクを分析・対処し、サプライチェーンからより大きな価値を引き出せるよう、「両社の能力、独自のツール、市場洞察を活用」することを表明している。

新しいツールには、強制労働などのサプライチェーンリスクを特定し、リスクスコアリングと継続的なモニタリングを提供することを目的とした「サプライチェーンリスク特定」、ESG税の義務・控除・インセンティブのシナリオ計画や将来の政策検討に関する洞察のための世界の税法・規制情報・政策動向・業界の洞察を網羅した調査・分析・データ提供の「ESG “Green” Tax Framework」などが含まれる。

両社は、本提携を通じて、今後もより多くのESGツールの開発を進めていくと述べている。

【参照ページ】
(原文)Tackling supply chain risk is a key driver in expanded EY US and Thomson Reuters alliance to help companies navigate ESG complexities
(日本語訳)EYとThomson Reuters、サプライチェーンリスクと規制を追跡するESGツールを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る