ノルウェー銀行、政府年金基金グローバルから9社の除外を決定

 

9月7日、ノルウェー銀行は、政府年金基金グローバルから9社を除外することを決定した。ノルウェー中央銀行の理事会は、大麻関連でAurora Cannabis、Canopy Growth、Cronos Group、Tilray Brandsを除外、タバコ関連でScandinavian Tobacco Group A/S、Eastern CO SAE、Hanjaya Mandala Sampoerna Tbk PTを除外した。本決定は、2022年3月30日および2022年5月3日の倫理評議会の勧告と、2022年2月24日および2022年3月30日の倫理評議会からの勧告に基づいている。

さらに、執行委員会は、NHPC LtdとYoung Poong Corpの企業について、深刻な環境破壊に寄与するという容認できないリスクのために除外することを決定した。本決定は、2022年2月24日および2022年3月1日の倫理協議会の勧告にそれぞれ基づいている。

執行委員会は、勧告のすべての側面について独立した評価を行っていないが、観察および排除の基準が満たされていることに納得している。ノルウェー銀行は、企業の排除を決定する前に、所有権の行使を含む他の手段の使用がより適切であるかどうかを検討する。執行委員会は、これらのケースで他の手段を用いることは適切でないと結論付けた。

【参照ページ】
(原文)Decisions on observation and exclusion
(日本語訳)ノルウェー銀行、政府年金基金グローバルから9社の除外を決定

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る