ブラックロック、委任状投票機能を個人投資家に拡大

ブラックロック、委任状投票機能を個人投資家に拡大

2月13日、投資大手のブラックロックは、議決権行使選択プログラムを初めて個人投資家にも拡大し、同社のiシェアーズ・コアS&P500 ETFの約2000億ドル(約30兆円)の資産を保有する個人投資家にも拡大することを発表した。

本プログラムにより、S&P 500上場投信の300万を超える株主口座に、投資家自身が委任状による議決権行使の選択肢をコントロールできるようになり、個人投資家は役員報酬、気候変動への取り組み、ガバナンスなどの問題について発言できるようになる。

ブラックロックは2021年に、米国と英国で運用する一部の口座において、年金基金、保険会社、企業を含む特定の機関投資家向けに、議決権行使の選択肢を導入した。ブラックロックは昨年、議決権行使の選択肢を個人投資家にも拡大する計画を発表し、プログラムの拡大に取り組んできた。

今回のS&P500 ETFへのプログラム拡大により、議決権行使の選択肢はブラックロックのインデックス株式AUM総額の2.6兆ドル(約390兆円)、つまり全世界のインデックス株式AUMの約半分が対象となる。

ブラックロックは、この試験運用を通じ、投資家の関心、委任状投票のインフラ、全体的なユーザー・エクスペリエンスを評価するとしている。

本プログラムでは、投資家が自身の方針に従って議決権を行使し、自身の議決権行使インフラを利用する方法、サードパーティの方針メニューから選択し、その選択に従って議決権を行使する方法、ブラックロックのインフラを通じて個別の決議案に直接議決権を行使する方法、ブラックロックの議決権行使方針に従って、ブラックロックのスチュワードシップ・サービスであるブラックロック・インベストメント・スチュワードシップ(BIS)を引き続き利用する方法など、複数の議決権行使オプションが用意されている。

【参考ページ】
(原文)BlackRock Opens Proxy Voting Platform to Millions of Retail Investors
(日本語参考訳)ブラックロック、数百万人の個人投資家に議決権行使プラットフォームを公開

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る