General Atlantic、持続可能なインフラ投資会社Actisを買収

ジェネラル・アトランティック、持続可能なインフラ投資会社アクティスを買収

1月16日、グローバルな成長株投資家であるGeneral Atlanticは、持続可能なインフラ投資家であるActisの買収を発表した。買収後、ActisはGeneral Atlanticのグローバル投資プラットフォームにおけるサステナブル・インフラ部門となる。

この動きは、ブラックロックが125億ドル(約1.8兆円)でインフラ投資大手GIPを買収したのを含め、エネルギー転換や脱炭素化などのテーマによって急成長するインフラ投資機会をターゲットに、大手資産運用会社が能力を強化する一連の動きの最新版となる。

General Atlanticのビル・フォード会長兼CEOによると、この買収は「持続可能性への世界的なパラダイムシフト」の中で行われたもので、「経済的変革と大規模な資本投資」が必要になるという。

ロンドンを拠点とするActisは、2004年に英国の開発金融機関CDCグループからのスピンアウトとして設立され、世界17拠点で140人以上の投資プロフェッショナルを擁するまでに成長し、AUMは約125億ドル(約1.8兆円)、設立以来の資金調達額は250億ドル(約3.6兆円)を超え、エネルギー転換、デジタル転換、サプライチェーン変革などの主要テーマにおける重要インフラへの投資を対象としている。

買収後、General Atlanticは、サステナブル・インフラ、不動産、グロース・エクイティ、クレジットの各分野で約960億ドル(約14兆円)のAUMを運用することになる。サステナブル投資部門は引き続きアクティス会長兼シニアパートナーのトルビョルン・シーザーが率い、Actisのブランドは維持される。

買収の財務条件は明らかにされていない。買収は2024年第2四半期に完了する予定。

【参照ページ】
(原文)General Atlantic adds sustainable infrastructure strategy, as Actis joins platform to create a $96 billion AUM diversified global investor

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る