General Atlantic、持続可能なインフラ投資会社Actisを買収

ジェネラル・アトランティック、持続可能なインフラ投資会社アクティスを買収

1月16日、グローバルな成長株投資家であるGeneral Atlanticは、持続可能なインフラ投資家であるActisの買収を発表した。買収後、ActisはGeneral Atlanticのグローバル投資プラットフォームにおけるサステナブル・インフラ部門となる。

この動きは、ブラックロックが125億ドル(約1.8兆円)でインフラ投資大手GIPを買収したのを含め、エネルギー転換や脱炭素化などのテーマによって急成長するインフラ投資機会をターゲットに、大手資産運用会社が能力を強化する一連の動きの最新版となる。

General Atlanticのビル・フォード会長兼CEOによると、この買収は「持続可能性への世界的なパラダイムシフト」の中で行われたもので、「経済的変革と大規模な資本投資」が必要になるという。

ロンドンを拠点とするActisは、2004年に英国の開発金融機関CDCグループからのスピンアウトとして設立され、世界17拠点で140人以上の投資プロフェッショナルを擁するまでに成長し、AUMは約125億ドル(約1.8兆円)、設立以来の資金調達額は250億ドル(約3.6兆円)を超え、エネルギー転換、デジタル転換、サプライチェーン変革などの主要テーマにおける重要インフラへの投資を対象としている。

買収後、General Atlanticは、サステナブル・インフラ、不動産、グロース・エクイティ、クレジットの各分野で約960億ドル(約14兆円)のAUMを運用することになる。サステナブル投資部門は引き続きアクティス会長兼シニアパートナーのトルビョルン・シーザーが率い、Actisのブランドは維持される。

買収の財務条件は明らかにされていない。買収は2024年第2四半期に完了する予定。

【参照ページ】
(原文)General Atlantic adds sustainable infrastructure strategy, as Actis joins platform to create a $96 billion AUM diversified global investor

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る