Maersk、グリーン燃料を使用する大型船を6隻受注

 

10月5日、Maerskは、造船会社の現代重工業(HHI)が建造するカーボンニュートラルなメタノールで運航可能な大型外航コンテナ船6隻を受注したことを発表した。

各船は、公称約17,000個のコンテナ積載能力を持ち、2025年に引き渡される予定である。グリーンメタノールで航行することにより、年間約80万トンのCO2排出量を削減することが期待されている。

今年初め、Maerskは一連の炭素削減目標を発表し、2040年に全事業および全範囲でガスの純排出量をゼロにすること、また2030年までに海上輸送船隊の輸送コンテナあたりの排出量を50%削減し、完全管理下のターミナルからの排出量の絶対量を70%削減することを目指している。また、新造船はグリーン燃料で運航できる船のみを発注する原則を導入している。

本発表は、2021年7月に世界初のカーボンニュートラルなメタノール燃料のコンテナ船を受注し、その後、メタノール燃料の大型外航コンテナ船8隻を受注するなど、ここ数ヶ月のMaerskによるクリーン燃料のコンテナ船の一連の受注の中で最新のものとなっている。今年初めには、2025年末までに少なくとも年間73万トンのグリーンメタノールを調達する一連の合意を発表している。

本取引により、Maerskはグリーンメタノールで稼働可能なデュアルフューエルエンジンを搭載した船舶を合計19隻発注することになる。これらの船舶が旧式の船舶と入れ替わった場合、合計で年間約230万トンのCO2排出量を削減する。

【参照ページ】
(原文)A.P. Moller – Maersk continues green transformation with six additional large container vessels
(日本語訳)Maersk、グリーン燃料を使用する大型船を6隻受注

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る