ジェットブルーのCVC、TPG Rise ClimateにLP出資

4月20日、JetBlueのコーポレートベンチャーキャピタル子会社である JetBlue Technology Ventures(以下、JTV)は、投資ファンドTPGの気候変動対策に特化した「TPG Rise Climate」に投資し、リミテッドパートナーとして参加すると発表した。

TPGは昨年初めにRise Climateを立ち上げ、7月に最初のクローズで54億ドル(約7,000億円)を調達し、ハードキャップは70億ドル(約9,000億円)と発表した。本戦略は、商業的に実現可能な気候変動技術の範囲を拡大するために、インパクトキャピタルとビジネス構築スキルを組み合わせて、定量的な方法で炭素回避を可能にする企業のポートフォリオを構築することを目的としている。

本戦略の主要な重点分野の1つは輸送部門における脱炭素化であり、その他にもクリーンエネルギー、環境ソリューション、産業緑化、農業・自然ソリューションなどの様々な気候関連サブセクターが含まれる。

本投資の一環としてJTVは、アルファベット、アップル、バンク・オブ・アメリカ、ボーイング、GE、ゼネラルモーターズ、ナイキなど、同ファンドの他の企業投資家からなるTPG Rise Climate Coalitionにも参加する予定だ。この連合は、知識、投資機会、ベストプラクティス、知識の共有を加速させることを目的としている。

【参照ページ】
(原文)JetBlue Technology Ventures Invests as a Limited Partner in TPG Rise Climate
(日本語訳)JetBlueTechnologyVenturesがTPGRiseClimateのリミテッドパートナーとして投資

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る