エネルギー大手bp、オーストラリアのグリーン水素・再エネプロジェクトに最大規模で参画

bp、オーストラリアで大規模なグリーン水素・再生可能エネルギープロジェクトに最大規模で参画

6月15日、エネルギー大手bpは、世界最大級の再生可能エネルギーおよびグリーン水素エネルギープロジェクトとなることが期待される西オーストラリア州の「アジア再生可能エネルギーハブ(AREH)」の40.5%の株式を取得すると発表した。今回の新たな契約により、bpはプロジェクトを主導・運営し、Intercontinental Energy(インターコンチネンタルエネルギー)、CWPグローバル、マッコーリーおよびマッコーリーのGreen Investment Groupとともに、同ハブの最大の出資者となる。

AREHは、複数の段階を経て、風力と太陽光による最大26GWの発電能力の開発を目指す。これは、年間90テラワット時以上(2020年のオーストラリアの全発電量の約1/3に相当)の発電量に匹敵する。また、年間160万トンのグリーン水素または900万トンのグリーンアンモニアを生産可能で、世界最大級のグリーン水素プロジェクトとなる。

6,500平方キロメートルの敷地に建設される本プロジェクトは、世界最大の鉱業地域で再生可能エネルギーを供給し、オーストラリア市場向けにグリーン水素とグリーンアンモニアを製造し、海外のユーザーにも輸出する。AREHは、フル稼働時には、国内および輸出市場において年間約1,700万トンの二酸化炭素を削減するという。

bpは、2020年に国際石油会社から総合エネルギー企業への転換を図る長期戦略を開始し、石油・ガスの生産を長期的に削減するとともに、低炭素エネルギー源への投資拡大を目標としている。最近では、バイオエネルギー、利便性、電気自動車(EV)充電、再生可能エネルギー、水素などの「移行成長事業」の設備投資全体に占める割合を、2025年までに40%以上、2030年までに50%程度に引き上げる計画を立て、2030年までに再生可能電力容量50GWの達成を目指している。

【参照ページ】
(原文)bp to lead and operate one of the world’s largest renewables and green hydrogen energy hubs based in western Australia
(日本語訳)bp社、オーストラリア西部を拠点とする世界最大級の自然エネルギーおよびグリーン水素エネルギーハブを主導・運営へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-25

    Workivaのサーベイ:自社のESGデータを7割以上の経営幹部が信頼をしていない

    6月23日、ビジネスデータ・報告ソリューションプロバイダーのWorkivaが発表した新しい調査によ…
  2. 資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    2022-6-25

    資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    6月22日、オルタナティブ投資に特化したグローバルな資産運用会社であるOaktree(オークツリー…
  3. 2022-6-25

    Brookfield、過去最大のネット・ゼロ移行ファンドで約2兆円を調達

    6月22日、グローバルなオルタナティブ資産投資家であるBrookfield(ブルックフィールド・ア…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る