ワインメーカーBacardi、「MARTINI」の原材料でサステナブル認証を取得

Bacardi、「MARTINI」の原材料でサステナブル認証を取得

7月5日、数十年にわたりサステナブルのパイオニアとして活動してきたBacardiの世界No.1イタリアン・スパークリングワイン&ベルモット「MARTINI」は、サステナブルのマイルストーンに到達した。MARTINIポートフォリオ全体のワイナリーの100%が、現在、サステナブル認証を取得している。

MARTINI Fieroや新しいMARTINI Non-Alcoholic Aperitivoシリーズを含むMARTINIのベルモットやスパークリングワインの製造に使用されるブドウジュースは、イタリアのワイン製造における最も包括的なサステナビリティ基準であるEqualitasが定めた基準に沿って認証されたワイナリーから供給されるようになった。

BACARDÍ  rumのサトウキビとBOMBAY SAPPHIREの10種類のボタニカルは、すでに100%サステナブルな原料を使用しており、今回の発表は、Bacardiが2025年の目標に掲げる、主要原料の100%をサステナブルな認証業者から調達することに向けたさらなる大きな一歩となった。

来年で創業160年を迎える MARTINIは、長年にわたり、環境に対して正しい行動をとる先駆者的存在だ。1987年、L’Osservatorio MARTINIは、持続可能な農法を推進するセンターとして北イタリアに設立され、最初は同社のワイン、最近では同社の象徴的なベルモットやノンアルコールアペリティーボシリーズに使用する多くの植物性原料に力を注いでいる。

今回認証されたEqualitasは、ワイン部門に深い知識を持つ専門家である第三者監査人とだけ協力し、認証プロセスは完全に全体的なものだ。Equalitasは、環境、倫理、経済という3つのサステナビリティの柱を掲げ、ワイナリーの二酸化炭素排出量や水の消費量から、農家に対する公正な商業条件、研修や福祉を含む優れた社会慣行まで、すべてを考慮に入れている。

【参照ページ】
(原文)MARTINI® ACHIEVES SUSTAINABILITY LANDMARK
(日本語訳)マティーニ®がサステナビリティの指標を達成

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る