LGIMがエネルギー移行コモディティを対象とした新しいETFを設定

LGIMがエネルギー移行コモディティを対象とした新しいETFを設定

4月17日、欧州の資産運用会社リーガル&ジェネラル・インベストメント・マネジメント(LGIM)は、エネルギー転換の鍵となるコモディティのエクスポージャーを投資家に提供することを目的とした新しいファンド、L&Gエネルギー転換コモディティUCITS ETFのローンチを発表した。

LGIMによると、この新しいETFは、エネルギー転換の中心となるコモディティの組み合わせへのアクセスを提供するもので、クリーンエネルギーの生産、貯蔵、流通に必要な遷移金属、ピーク時のエネルギー需要や天然ガスやエタノールなどの節減が困難なセクターへの対応を助ける低炭素遷移エネルギー源、排出コストを高め、低炭素活動への転換を促すカーボンプライシングなど、需要サイドの経済性を支える3つの異なるコモディティ・グループを対象としている。

LGIMはまた、ETFの構成銘柄の50%以上が従来のコモディティ・ポートフォリオには通常見られないものであり、炭素市場への配分を含む18の流動性の高いコモディティへのアクセスを提供することで、この新しいファンドの分散投資の利点を強調した。

このファンドは、LGIMによるエネルギー転換に焦点を当てたETFシリーズの最新作であり、L&Gクリーン・エネルギーUCITS ETF、L&Gバッテリー・バリュー・チェーンUCITS ETF、L&G水素エコノミーUCITS ETFなどがある。

このファンドは、EUのSFDR規制の第6条に分類され、英国、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランド、オーストリア、ルクセンブルグ、スイス、スペインのホールセールおよび機関投資家、シンガポールの機関投資家に提供される。

【参照ページ】
(原文)LGIM expands ETF range with the launch of Energy Transition Commodities ETF
(日本語参考訳)LGIM、エネルギー・トランジション・コモディティーズETFの発売によりETFの品揃えを拡充

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る