FinastraとGreen RWA、銀行向け気候リスク管理プラットフォームを発表

FinastraとGreen RWA、銀行向け気候リスク管理プラットフォームを発表

6月20日、金融ソフトウェア会社Finastraと気候変動に関する非営利団体Green RWAは、銀行が気候変動リスクを理解し管理することを目的とした対話型プラットフォーム、Climate-Extended Risk Model (CERM) Sandboxの立ち上げを発表した。

気候拡張リスクモデル(CERM)は、気候変動に対する金融機関の耐性を強化するために設計されたリスクフレームワークである。銀行が融資ポートフォリオの予想損失を評価するために使用する信用リスクモデルを通じて、気候変動リスクを既存の規制枠組みに組み込むことを目的としている。

本フレームワークには、気候関連事象に対する資産のエクスポージャーなどの物理的リスクと、炭素排出量の削減や低炭素経済への適応にかかるコストなどの移行リスクが組み込まれている。

新ソリューションは、CERMを銀行の既存の資本フレームワークに統合し、長期的、世界的、発展的な気候変動リスクを特定し、潜在的な損失をより正確に算定するのに役立つ。

【参照ページ】
(原文)Green RWA and Finastra unveil a new platform for climate risk management
(日本語参考訳)FinastraとGreen RWA、銀行向け気候リスク管理プラットフォームを発表

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る