Nexus Circular、約198億円を調達し、プラスチックリサイクルソリューションを拡大

Nexus Circular、約198億円を調達し、プラスチックリサイクルソリューションを拡大

1月3日、先進的なリサイクル企業であるNexus Circularは、リサイクルが困難で、埋立地に存在するプラスチックからバージン品質のプラスチックを生産するための独自のリサイクルソリューションを加速させるため、1億5,000万ドル(約198億円)を調達した。

Nexusは、リサイクル団体と協力して、使用済みプラスチック、特にリサイクル困難なフィルムを埋立地から回収している。同社独自の熱分解技術とプロセス設計により、これらのフィルムやプラスチックを高品質な材料に変換し、グローバル企業が循環型プラスチック製品を製造するために使用できる。

同社は現在までに、700万ポンド(約11億円)以上のプラスチックを埋立地から転換している。

今回の資金調達により、同社は、拡大する顧客基盤に対応し、再生プラスチック製品の膨大な需要に応えるため、さらなる生産能力を構築する。同社は、年間2億5000万ポンド(約398億円)以上の使用済みプラスチックを処理する能力を持つ施設を建設予定であると述べている。

Cox Enterprisesはこの投資ラウンドを主導し、同社の過半数株主となり、 Nexus Circularの高度なリサイクルプロセスの拡大に取り組む。

【参照ページ】
(原文)Nexus Circular Secures $150 Million to Accelerate Momentum of Advanced Recycling Solution for Plastics
(日本語参考訳)Nexus Circular、約198億円を調達し、プラスチックリサイクルソリューションを拡大

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る