EPAとWHO、気候変動による健康影響対策のための提携を発表

EPAとWHO、気候変動による健康影響対策のための提携を発表

2022年1月20日、米環境保護庁(EPA)と世界保健機関(WHO)は、大気汚染、水と衛生、子どもの健康、気候変動による健康リスクなど、環境と健康に関する広範で具体的かつ横断的な問題に対するEPA-WHOの協力を継続するものとして、5年間の覚書にサインした。

EPAとWHOは、30 年以上にわたって公衆衛生問題に対して協力してきた。この協力には、気候変動、屋内外の空気の質、子どもの環境衛生、化学物質と毒物、 水と衛生、および疾病の環境負荷の定量化に関する取り組みが含まれている。

今後5年間、EPAとWHOは、気候変動による健康への影響に重点的に取り組む予定である。継続的な取り組みにより、清浄な空気や安全な飲料水など、気候変動の影響を受ける多くの環境的健康因子に対処する。また協力は、有毒物質、特に鉛ベースの塗料への曝露を減らすことにより、子どもを保護することに引き続き焦点を当てる。

【参照ページ】
(原文)U.S. EPA and World Health Organization Partner to Protect Public Health
(日本語訳)米国環境保護庁と世界保健機関が公衆衛生の保護で提携

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る