PUMA、2030年までに森林破壊のない皮革の生産を約束

PUMA、2030年までに森林破壊のない皮革の生産を約束

7月14日、アスレチックフットウェア、アパレル、アクセサリーのPUMAは、すべての牛革を森林破壊のないことが確認されたサプライチェーンから調達するという新たなコミットメントを発表した。

国連が支援するRace to Zeroが最近発表した報告書によると、土地に根ざしたバリューチェーンを持つ企業、特に森林、土地、農業部門に起因する森林破壊が、世界の温室効果ガス(GHG)排出量の大きな割合を占めている。このセクターは世界排出量の22%を占めており、その半分は森林破壊によるものである。

今年初め、欧州議会は、EU域内で販売される自社製品がサプライチェーンにおいて森林破壊や森林劣化に寄与していないことを保証するよう企業に義務付ける新法を可決した。

同社は、野生生物、生物多様性、炭素蓄積、人権を保護しながら、公平で透明性のある、森林破壊のないレザーのサプライチェーンを構築することを目的としたTextile ExchangeとLeather Working Groupによるイニシアティブである「Deforestation-Free Call to Action for Leather」に署名し、新たなコミットメントを発表した。

本イニシアティブは、2030年またはそれ以前までに、森林破壊・転換のないサプライチェーンから牛革を調達することを約束するようブランドに求めており、参加ブランドには、農家や農業サプライチェーンと協力して森林破壊のない調達のための要件を設定すること、サプライチェーンをマッピングしリスクレベルを特定するための目標を設定し達成すること、追跡可能な森林破壊・転換のない革の供給を増やすための投資を行うこと、トレーサビリティシステムを導入すること、サプライチェーン全体で人権を尊重することを約束すること、進捗状況を報告することなどの要件が設定されている。

PUMAは、森林破壊と転換のない革の調達を確保するための重要な課題のひとつである、同社が使用する革の半分を占めるスエードについて強調した。同社によると、スエードには牧場レベルでのトレーサビリティの課題があり、ほとんどのスエードのなめし工場は、安定供給を保証するために、直接のなめし工場以外に、代理店や仲介業者と協力しているという。

【参照ページ】
(原文)Leather Working Group, Textile Exchange Call for ‘Deforestation-free’ Leather
(日本語訳)レザー・ワーキング・グループとテキスタイル・エクスチェンジが「森林破壊のない」レザーを求める

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る