Allbirds、米ナスダックに新規上場。サステナブルIPOは取り下げ

Allbirds、米ナスダックに新規上場。サステナブルIPOは取り下げ

11月3日、ALLBIRDSは、米ナスダック(NASDAQ)に新規上場(IPO)した。同社は、「サステナブル株式公開(SPO)」フレームワークを発表していたが、米証券取引委員会(SEC)からの反対により、最終的にSPOフレームワークは取り下げた。

【参考コラム】ウォール街初の「サステナブル」なIPO!環境に優しいスニーカーやアパレルを展開するAllbirdsとは

公開価格は1株15ドル(約1,710円)に設定され、調達額は3億ドル(約342億円)以上であった。初値は21.21ドル(約2,417円)と公開価格の41.4%高を付け、終値も28.89ドル(約3,293円)となるなど好調な滑り出しを見せた。時価総額はおよそ40億ドル(約4,560億円)である。

ALLBIRDS がSECに提出した届出書によれば、20年12月通期の売上高は前期比13.2%増の2億1929万ドル(約249億円)だった。しかしながら、純損失は前年の1452万ドル(約16億円)から2586万ドル(約29億円)へと赤字が拡大している。また、21年1〜6月期の売上高は前年同期比26.6%増の1億1754万ドル(約133億円)と増収だったが、マーケティングや営業費用の増加によって、純損失は前年同期の950万ドル(約10億円)から2112万ドル(約24億円)へと赤字が拡大した。

同社はBコープ認証を取得しており、取締役会は企業の利益と社会的意義を両立させることに法的な義務と、社会や地球環境保全のためにどのような成果をもたらすかに関するレポートを発表する義務がある。同認証は社会や環境に配慮した事業を行っている営利企業を評価する者であるが、基準が極めて厳しいとされている。

【参照ページ】
Sard Verbinnen advises Allbirds on IPO.

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る