BNY Mellon、担保交渉や意思決定にESG要素組み込むツールを提供

BNY Mellon、担保交渉や意思決定にESG要素組み込むツールを提供

世界的な投資会社であるBNYメロン社は、同社の電子担保スケジュール・マネージャー「RULE」に新たな機能を追加し、顧客の担保交渉や意思決定にESG要素を組み込むことを可能にしたことを発表した。

BNY Mellon社のRULEは、担保提供者と担保受領者が担保スケジュールを交渉し、各当事者がどの資産を担保として受け入れるかをリアルタイムに確定することができる。この新機能により、担保を受け取る側と提供する側は、特定のESG評価を受けた証券のみを担保として受け入れることに合意することができる。

ESG機能は、MSCI ESGレーティングをベースに、BNYメロン社のESGデータ分析プラットフォームを用いて、環境スコア、社会スコア、ガバナンススコアを付与し、それらを集約してAAAからCCCまでの最終的なESGレターレーティングを算出する。 BNYメロン社によると、今後、ESGデータアナリティクスのデータソースを増やしていく予定だ。

BNYメロン社のBrian Ruane氏は次のように述べている。

「今回の機能追加は、すでに担保スケジュールの交渉プロセスを一変させた実績のある技術であるRULEを、業界にとって非常に重要かつ話題性のある分野に拡大したものです。今回、ESGデータ・アナリティクスの機能を組み込むことで、お客様は、許容できる担保の交渉にESGの優先事項を持ち込むことができ、プラットフォームに全く新しい次元の有用性を加えることができます。」

【参照ページ】
(原文)Clients Embed ESG Principles into Collateral Management Leveraging BNY Mellon ESG Data Analytics
(日本語訳)BNY Mellon、担保交渉や意思決定にESG要素組み込むツールを提供

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る