AFR100、アフリカの地域主導の土地回復運動に20億ドルを動員

AFR100、アフリカの地域主導の土地回復運動に20億ドルを動員

11月2日、ルワンダ共和国のジャンヌ・ダルク・ムジャワマリヤ環境大臣、マラウイ共和国のナンシー・テンボ林業・天然資源大臣、ナイジェリア連邦共和国のモハマド・アブバカル農業・農村開発大臣は、COP26において、アフリカの地で開催されるCOP27までに、資金提供者は20億ドル(約2,200億円)をAFR100に投資しなければならないと発表した。

これを受けて、アフリカ開発銀行、ドイツ政府、地球環境ファシリティ、ベゾス・アース・ファンド、グローバル・エヴァー・グリーニング・アライアンス、緑の気候基金は、2026年までに土地の回復に大幅な投資を行う計画を発表し、2022年11月に開催されるCOP27までに20億ドルの投資可能な資金を動員するために、同業他社に参加を呼びかけている。

NGOや起業家、政府主導のプロジェクトに20億ドルを最初に投資することで、150億ドル(約1兆7千億円)の資金調達が可能になる。その結果、2026年までに2,000万ヘクタールの再生が可能となり、4,000万人に1,350億ドル(約15兆円)の利益をもたらすことができると考えられる。

これらの投資は、アフリカに根ざした強固な金融構造、土地を回復する人々への100万ドル(約1億円)規模の投資、綿密な技術支援、進捗状況を把握するための包括的なシステムと相まって、AFR100の第2フェーズのスタートとなる。32カ国がその復元複製のエンジンに加わり、2015年のCOP21以降、約1億2800万ヘクタールの復元を誓っている。

AFR100のこの新しいフェーズを地元の行動で始めるために、資金提供者のグループ(Bezos Earth Fund、One Tree Planted、Good Energies Foundation、DOEN Foundation、Lyda Hill Philanthropies、Facebook)は、初期投資を発表した。WRI、One Tree Planted、Realize Impactの3社は、アフリカの31カ国で3,200件以上の申請を受け、地域に根ざした非営利団体や地元企業に対し、5万ドル(約570万円)から50万ドル(約5700万円)の100件の助成金および融資を行う。

【参照ページ】
(原文)RELEASE: AFR100 ISSUES COP27 CHALLENGE TO MOBILIZE $2 BILLION FOR AFRICA’S LOCALLY LED LAND RESTORATION MOVEMENT
(日本語訳)AFR100、アフリカの地域主導の土地回復運動に20億ドルを動員するため、COP27チャレンジ実施

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る