アムンディのテーマ別株式部門、水素エコシステムをターゲットにした投資テーマを発表

アムンディのテーマ別株式部門、水素エコシステムをターゲットにした投資テーマを発表

欧州最大の資産運用会社であるアムンディのテーマ別株式部門であるCPRアセットマネジメント(CPR AM)は、水素エコシステムのバリューチェーンにおける機会をターゲットとした新しいグローバルテーマ別株式投資戦略を開始することを発表した。

水素は、クリーンなエネルギーキャリアおよび燃料として、また、グリーンケミカル製造のためのCO2ニュートラルな原料として機能することから、よりクリーンなエネルギーの未来への移行のための重要な構成要素の一つと考えられている。CPR AM社によると、水素は2050年にはエネルギー需要の17%を占めるようになると予想されている。工業生産や輸送などの分野で水素を広く利用するためには、生産、インフラ、導入に多額の投資が必要となる。

新戦略の投資対象は、生産の上流から、自動車や鉄道などの下流のユーザー、さらには貯蔵や流通まで、水素のエコシステム全体をカバーする。CPR AM社は、このテーマがEUのSFDR第9条の分類に基づいて管理されると述べており、このファンドが持続可能な投資をサポートすることを示している。

アムンディとCPR AMは、クレディ・アグリコルグループの一員であり、最近、エネルギー転換のための資金調達に事業や団体の動員を強化することを発表している。

CPR AMのグローバル・テーマ・エクイティ部門長兼マネージング・ディレクターのヴァファ・アマディは、次のように述べている。

「水素は、2050年までにカーボンニュートラルを達成するためのソリューションに不可欠な要素であり、真のエネルギー革命を構成するものです。すでに投資可能なエコシステムが構築されており、大きな成長の可能性を秘めています。私たちは、この未来のテーマにいち早く投資し、信念に基づいた経営とインパクト・アプローチによってそれを実現できることを誇りに思います。」

【参照ページ】CPR AM INNOVATES BY LAUNCHING A NEW CLIMATE INVESTMENT THEME FOR HYDROGEN, AS A CONTRIBUTION TO ACHIEVING A NET-ZERO ECONOMY  

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る