Moody’s、ESG発行体プロファイルおよびクレジットインパクトスコアに米国の大規模な市や郡を追加

Moody’s、ESG発行体プロファイルおよびクレジットインパクトスコアに米国の大規模な市や郡を追加

Moody’s社(以下、ムーディーズ)は、ESG発行体プロファイル・スコアとクレジット・インパクト・スコアを拡充し、米国の大都市および郡(債務残高5億ドル以上10億ドル未満)を対象としたレポートの発行を発表した。

このレポートには、発行体プロファイルスコア(IPS)とクレジットインパクトスコア(CIS)の

2種類のESGスコアが含まれている。IPSスコアは、信用リスクに影響を与える可能性のあるESG項目に対する発行体のエクスポージャーを測定し、CISスコアは、それらのESG項目が発行体の信用格付けに与える影響を測定する。

ムーディーズによると、今回の報告書では、米国の40%以上の都市で環境信用度に対するエクスポージャーがマイナスまたは非常にマイナスであり、40%近くの郡では中程度のマイナスであることが明らかになった。

一方、社会的側面については、ほとんどの市や郡で中立または低い評価となっています。また、政策の信頼性や有効性、予算管理などのガバナンスに関する評価は、市ではおおむね肯定的、郡では強く肯定的となっている。

今回のレポートは、ムーディーズが6月に発表した、負債額10億ドル以上の都市のESGプロファイルと信用影響度スコアに続き、米国の州や世界的な製薬会社、医療機器会社、規制対象の電気・ガス事業者などのセクターを対象としている。今年初め、ムーディーズはソブリンのESGとクレジットインパクトのスコアを発表した。

【参照ページ】Moody’s – ESG issuer profile and credit impact scores expanded across more enterprise, government sectors

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る