Equinor社、3GWの洋上風力発電契約を締結し、韓国における再生可能エネルギーのプレゼンスを高める

Equinor社、3GWの洋上風力発電契約を締結し、韓国における再生可能エネルギーのプレゼンスを高める

ノルウェーのエネルギー企業であるEquinor社は、韓国の国営電力会社であるEast-West Power(EWP)社と、韓国における300万kWの洋上風力発電プロジェクトで協力することへの合意を発表した。

両パートナーは、韓国で進行中のエネルギー転換と、韓国における洋上風力産業の発展に貢献するために協力していく。

世界の炭素排出量トップ10に入る韓国は、今後数年間で再生可能エネルギー投資の最もホットな市場の一つになる可能性がある。10月、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、2050年までにカーボンニュートラルを達成することを目指すと発表した。文大統領の公約には、石炭に依存したエネルギーインフラを再生可能エネルギー基盤に転換するために数兆ウォンを投資することが含まれており、政府は12GWの洋上風力発電容量を含め、2034年までに再生可能エネルギーを60GW増加させるという野望を掲げている。今年初め、同国は430億ドル以上を投じて世界最大の洋上風力発電所(8.2ギガワット)を建設する計画を発表した。

同社によると、韓国の沿岸部の水深を考えると、韓国政府の再生可能な野望を実現するためには、浮体式ソリューションが必要。浮体式風力発電の経験とオフショア技術を、運用・保守(O&M)の専門知識も含めてこのパートナーシップに提供する。同社は、世界初の浮体式洋上風力発電所を運営しており、現在、世界最大の浮体式洋上風力発電所を開発中だ。

【参照ページ】
(原文)Stepping up Korean offshore wind plans, 3 GW collaboration with EWP
(日本語訳)Equinor社、3GWの洋上風力発電契約を締結し、韓国における再生可能エネルギーのプレゼンスを高める

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る