Salesforce、炭素クレジット市場を開始

9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を結び付け、カーボンクレジットの購入をシンプルで透明性の高いものにすることを目的とした新しいカーボンマーケット「Net Zero Marketplace」の立ち上げを発表した。

Net Zero Marketplaceは、炭素クレジットプロジェクトのプロバイダー、バイヤー、第三者評価機関を集めたものである。

温室効果ガスの排出を抑制するカーボンオフセットプロジェクトや関連クレジットに対する需要は、今後数年間で大幅に増加すると予想されている。これは、企業や事業者がネット・ゼロの目標を打ち出し、自社の絶対的な排出削減努力への橋渡しとして、あるいは排出回避が難しいバランスをとるためにオフセットに目を向ける傾向が強まっているためだ。

しかし、炭素クレジットの市場は、流動性が低く、プロジェクトの有効性を評価するためのデータが不十分または一貫性がないなどの問題がある。

新市場では、市場の不確実性を排除するため、アカウント登録や有料コンテンツの追加を必要とせず、第三者による評価を集約・公開する予定である。 Salesforceは、Calyx GlobalやSylveraなど、複数の第三者評価機関がNet Zero Marketplaceの設立パートナーとして参加したと発表した。

新市場は、Salesforceのeコマース・プラットフォームであるCommerce Cloud上に構築され、買い手と「エコプレナー」を結びつけ、脱炭素化を支援するさまざまなプロジェクトを提供する。プロジェクトには、森林保護・植林・風力発電・太陽熱調理器・より良い農法などが含まれる。

炭素クレジットプロジェクトは、グローバルスタンダードに照らした一連の独立した検証を含む検証プロセスを経ており、買い手はプロジェクトの説明、国連の持続可能な開発目標(SDGs)との整合性、そして多くの場合、第三者による公式評価を確認することが可能である。

本市場は、10月に米国で炭素クレジット購入のために開設され、2023年には他の市場も追加される予定だ。開設時には、11カ国で約90のプロジェクトが提供されるという。

【参照ページ】
(原文)Salesforce Announces First-of-Its-Kind Carbon Credit Marketplace, Empowering Any Organization to Take Climate Action on Their Journey to Net Zero
(日本語訳)セールスフォース、初のカーボン クレジット マーケットプレイスを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る