KPMG、ESGアカデミーを立ち上げ。サステナビリティに関する主要トピックについて企業研修を実施

 

9月22日、KPMGは、KPMG ESGアカデミーの開設を発表した。本アカデミーは、ESGに関する幅広いトピックや分野について学習し、企業のサステナビリティへの取り組みを支援することを目的としている。

本アカデミーでは、企業のサステナビリティ変革やESG規制、気候変動リスク、脱炭素戦略など、ESGの幅広い分野について、一流大学のESGスペシャリストとKPMGのサステナビリティ専門家が共同で開発したコンテンツや講義が提供される。

KPMGによると、本アカデミーは、完全にカスタマイズ可能で拡張性のあるコース・コンテンツを提供し、スタンドアローンのバーチャル学習ツールとして提供することも、クライアントの社内学習プラットフォームに統合することも可能。エグゼクティブ・レベル、中間管理職、非管理職の学習者を対象とし、ESGの幅広いトピックについて、基礎レベル、包括的、上級レベルのトレーニングを提供する。

ESGアカデミーは、マイクロソフトとの協力のもと、KPMGのトレーニング・プラットフォームであるLEAP(KPMG Learning Enablement and Analytics Platform)を活用し、Microsoft 365、Azure、Teams、Microsoft Viva Learningなどのマイクロソフトのクラウド・ソリューションを活用して開始される。

KPMGは、ESGアカデミーはマイクロソフトとのグローバルアライアンスと、ESG問題に対するグローバルデジタルソリューションを加速させるための投資を基盤としていると付け加えた。KPMGとマイクロソフトは、クラウドベースのツールを使って職場を近代化し、顧客向けのデジタルサービスを拡大するという、プロフェッショナルサービス企業の50億ドル(約7,441億円)規模のデジタル戦略の一環として、2019年に複数年にわたる協業を開始した。2021年、KPMGは、ESG課題に対するグローバル・ソリューションを加速させ、クライアント自身のサステナビリティへの取り組みを支援することを目的とした複数年プログラムを開始し、組織とクライアント・ソリューションにESGをさらに組み込むための取り組みに15億ドル(約2,240億円)以上を投資する計画を含む。

【参照ページ】
(参考記事)KPMG launches ESG Academy to train businesses on key sustainability topics

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る