KPMG、ESGアカデミーを立ち上げ。サステナビリティに関する主要トピックについて企業研修を実施

 

9月22日、KPMGは、KPMG ESGアカデミーの開設を発表した。本アカデミーは、ESGに関する幅広いトピックや分野について学習し、企業のサステナビリティへの取り組みを支援することを目的としている。

本アカデミーでは、企業のサステナビリティ変革やESG規制、気候変動リスク、脱炭素戦略など、ESGの幅広い分野について、一流大学のESGスペシャリストとKPMGのサステナビリティ専門家が共同で開発したコンテンツや講義が提供される。

KPMGによると、本アカデミーは、完全にカスタマイズ可能で拡張性のあるコース・コンテンツを提供し、スタンドアローンのバーチャル学習ツールとして提供することも、クライアントの社内学習プラットフォームに統合することも可能。エグゼクティブ・レベル、中間管理職、非管理職の学習者を対象とし、ESGの幅広いトピックについて、基礎レベル、包括的、上級レベルのトレーニングを提供する。

ESGアカデミーは、マイクロソフトとの協力のもと、KPMGのトレーニング・プラットフォームであるLEAP(KPMG Learning Enablement and Analytics Platform)を活用し、Microsoft 365、Azure、Teams、Microsoft Viva Learningなどのマイクロソフトのクラウド・ソリューションを活用して開始される。

KPMGは、ESGアカデミーはマイクロソフトとのグローバルアライアンスと、ESG問題に対するグローバルデジタルソリューションを加速させるための投資を基盤としていると付け加えた。KPMGとマイクロソフトは、クラウドベースのツールを使って職場を近代化し、顧客向けのデジタルサービスを拡大するという、プロフェッショナルサービス企業の50億ドル(約7,441億円)規模のデジタル戦略の一環として、2019年に複数年にわたる協業を開始した。2021年、KPMGは、ESG課題に対するグローバル・ソリューションを加速させ、クライアント自身のサステナビリティへの取り組みを支援することを目的とした複数年プログラムを開始し、組織とクライアント・ソリューションにESGをさらに組み込むための取り組みに15億ドル(約2,240億円)以上を投資する計画を含む。

【参照ページ】
(参考記事)KPMG launches ESG Academy to train businesses on key sustainability topics

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る