Telia Company、ネット・ゼロ目標がSBTiから承認

Telia Company、科学的根拠に基づくネット・ゼロ目標がSBTiから承認

9月7日、Telia Companyは、2040年までにバリューチェーン全体で温室効果ガス(GHG)排出量ネット・ゼロを達成することを全体目標として設定した目標が、科学的根拠に基づく目標イニシアティブ(SBTi)によって承認されたことを発表した。全体目標に加えて、SBTiはTeliaの更新された短期目標と新しい長期目標も検証した。

科学的根拠に基づく目標は、企業がGHG排出量を削減するための明確な道筋を示すもので、気候変動の最悪の影響を防ぎ、事業の将来性を確保するのに役立つ。目標は、パリ協定の目標(地球温暖化を産業革命以前の水準より1.5℃上昇させること)を達成するために必要であると最新の気候科学がみなすものと一致している場合、「科学的根拠に基づく」とみなされる。

Telia Companyは、2025年までに自社事業(スコープ1および2)からの排出量を半減させるという短期目標を前倒しで達成した後、その目標を更新した。同社は、2020年に100%再生可能な電力に切り替えることでこの目標を達成した。新しい長期目標は、短期目標を補完するものであり、全体目標の達成を保証するものである。

【参照ページ】
(原文)Telia Company’s net-zero science-based targets approved by SBTi
(日本語参考訳)Telia Company、科学的根拠に基づくネット・ゼロ目標がSBTiから承認

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る