Honeywell、投資家向けカンファレンスで最新の成長戦略とESG戦略を発表

 

3月3日、電子制御システムや自動化機器を製造・販売する米Honeywellは、2022年の投資家向けカンファレンスで同社の2021年の売上高の60%以上が「ESG指向」であることを明らかにし、今後さらに増加すると予想した。

HoneywellのSVP兼ゼネラルカウンセルのAnne Maddenは、バッテリーエネルギー貯蔵・炭素回収・プラスチックリサイクル・ビルの熱・電力管理・電気航空機・持続可能な航空燃料・炭素排出の追跡・削減を可能にする技術など、サステナビリティ課題への対応を目指した注力分野を紹介した。

Honeywell会長兼CEOのDarius Adamczykは、同社が新たに創設したビジネスユニット「Sustainable Technologies Solutions」の成長機会を強調した。本ユニットは、高度なプラスチックリサイクル・再生可能燃料・再生可能エネルギーの貯蔵と制御・炭素回収と水素経済ソリューションなどの技術を提供している。同社は、この事業部の売上高が2021年の2億ドル(約229億円)から2024年には7億ドル(約804億円)に成長すると見込んでいる。

Honeywellの幹部は、Science Based Targets initiativeに提出した新しい誓約を含め、同社自身の持続可能性の実績とESG目標を強調した。

【参照ページ】
Honeywell Hosts 2022 Investor Conference, Provides Updated Growth And ESG Strategy, And Enhances Long-Term Financial Framework

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る