Honeywell、投資家向けカンファレンスで最新の成長戦略とESG戦略を発表

 

3月3日、電子制御システムや自動化機器を製造・販売する米Honeywellは、2022年の投資家向けカンファレンスで同社の2021年の売上高の60%以上が「ESG指向」であることを明らかにし、今後さらに増加すると予想した。

HoneywellのSVP兼ゼネラルカウンセルのAnne Maddenは、バッテリーエネルギー貯蔵・炭素回収・プラスチックリサイクル・ビルの熱・電力管理・電気航空機・持続可能な航空燃料・炭素排出の追跡・削減を可能にする技術など、サステナビリティ課題への対応を目指した注力分野を紹介した。

Honeywell会長兼CEOのDarius Adamczykは、同社が新たに創設したビジネスユニット「Sustainable Technologies Solutions」の成長機会を強調した。本ユニットは、高度なプラスチックリサイクル・再生可能燃料・再生可能エネルギーの貯蔵と制御・炭素回収と水素経済ソリューションなどの技術を提供している。同社は、この事業部の売上高が2021年の2億ドル(約229億円)から2024年には7億ドル(約804億円)に成長すると見込んでいる。

Honeywellの幹部は、Science Based Targets initiativeに提出した新しい誓約を含め、同社自身の持続可能性の実績とESG目標を強調した。

【参照ページ】
Honeywell Hosts 2022 Investor Conference, Provides Updated Growth And ESG Strategy, And Enhances Long-Term Financial Framework

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る