カーボンマーケットプレイスNCX、EnergizeやJPモルガン、マーク・ベニオフより57億円の資金調達を実施

炭素市場NCX、Energize・JPMorgan・Benioff’s ・TIME Venturesなどの投資家から5,000万ドルの資金を調達

3月2日、森林に特化したカーボンマーケットプレイスを提供するNCXは、新たな自然資本市場の形成に向けた資金調達として、5,000万ドル(約57億円)の調達を発表した。NCXはAIベースのソリューションを用いて、土地所有者が炭素を捕捉するための木材伐採の延期や、炭素クレジットを提供する炭素バイヤーへの接続を支援する。

今回の資金調達は、サステナビリティに特化したオルタナティブ投資マネージャーであるEnergize Venturesが主導し、JP Morgan、マーク・ベニオフのTIMEベンチャーズなどが参加した。

NCXは、マイクロソフトと共同開発したAIプラットフォーム「Basemap」を活用する。本プラットフォームは、土地1エーカーごとの木材と炭素の価値の評価を生成することで、土地所有者が効果的に伐採を延期し、炭素影響を確実に判断できるようにする独自のアプローチを提供する。本ソリューションにより、土地所有者は負担のかかる設定コストをかけずに、炭素クレジット市場に参加することが可能になる。

【参照ページ】
(参考記事)NCX Raises $50m to Fund International Expansion and New Natural Capital Markets

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る