カーボンマーケットプレイスNCX、EnergizeやJPモルガン、マーク・ベニオフより57億円の資金調達を実施

炭素市場NCX、Energize・JPMorgan・Benioff’s ・TIME Venturesなどの投資家から5,000万ドルの資金を調達

3月2日、森林に特化したカーボンマーケットプレイスを提供するNCXは、新たな自然資本市場の形成に向けた資金調達として、5,000万ドル(約57億円)の調達を発表した。NCXはAIベースのソリューションを用いて、土地所有者が炭素を捕捉するための木材伐採の延期や、炭素クレジットを提供する炭素バイヤーへの接続を支援する。

今回の資金調達は、サステナビリティに特化したオルタナティブ投資マネージャーであるEnergize Venturesが主導し、JP Morgan、マーク・ベニオフのTIMEベンチャーズなどが参加した。

NCXは、マイクロソフトと共同開発したAIプラットフォーム「Basemap」を活用する。本プラットフォームは、土地1エーカーごとの木材と炭素の価値の評価を生成することで、土地所有者が効果的に伐採を延期し、炭素影響を確実に判断できるようにする独自のアプローチを提供する。本ソリューションにより、土地所有者は負担のかかる設定コストをかけずに、炭素クレジット市場に参加することが可能になる。

【参照ページ】
(参考記事)NCX Raises $50m to Fund International Expansion and New Natural Capital Markets

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る