BlackRock、「Brown to Green」移行テーマ素材ファンドの販売を開始

6月13日、投資大手BlackRockは、低炭素経済への移行から生じる素材セクター関連の投資機会を狙う新ファンド「BlackRock Global Funds [BGF] Brown to Green Materials Fund」を立ち上げると発表した。

BlackRockによると、低炭素社会への移行をテーマとした投資の多くは、再生可能エネルギーやEVなどの分野に集中しているが、市場はこのインフラに不可欠な材料を見落としている可能性があると指摘した。移行に不可欠な材料を供給する企業や、信頼できる移行計画を持ち、脱炭素化とサステナビリティリスク低減に伴って再評価される金属・鉱山、セメント、建設などの産業における炭素集約企業への大きな投資機会を提供するために本ファンドを立ち上げた。

本ファンドは、様々な時価総額のグローバル企業30~60社を集中的にポートフォリオに組み入れる。カテゴリーには、排出削減企業(排出強度を削減する計画を持つ素材企業、または設備投資の30%以上を炭素削減戦略に充てる素材企業)、実現企業(低炭素の最終市場から収益の大きな割合を得る企業、または素材企業が自らの排出量を減らすのを助けるソリューションから収益を得る企業)、グリーンリーダー(その業界においてMSCI炭素排出スコアの第1四分位にある素材企業など)といったものがある。

【参照ページ】
(原文)BGF Brown to Green Materials Fund
(日本語訳)BlackRock、「Brown to Green」移行テーマ素材ファンドの販売を開始

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る