BlackRock、気候に特化した新ETFを販売開始 Ilmarinenから4,000億円超の出資

BlackRock、Ilmarinenからの4,000億円超の出資を軸とした気候に特化した新しいETFを販売開始

6月13日、フィンランドのヘルシンキに本社を置く年金保険会社Ilmarinenは、BlackRockのiSharesが新たに発売した気候変動に焦点を当てた2つのETFにアンカー投資家として27億ユーロ(約4,130億円)以上の投資を行うことを発表した。

iSharesの新しいETFには、MSCIクライメート・アクション・インデックスに連動する米国と日本に特化したファンドが含まれている。MSCIは昨年、排出削減目標に向けて前進している企業への投資促進を目的として、クライメート・アクション・インデックス群を発表した。

同インデックスは、排出量削減のために測定可能な措置を講じている企業で構成されており、スコープ1、2、3の排出量強度、承認された科学的根拠に基づく目標、気候リスクの管理、グリーンビジネス収益などの要素に基づいて各GICSセクターの上位50%の企業を選択し、すべての経済セクターへのエクスポージャーを提供している。

Ilmarinenのアンカー投資は、米国ETFに20億ユーロ(約3,060億円)、日本ETFに7億4500万ユーロ(約1,140億円)。今回の投資は、気候変動に配慮した投資方針の継続であるとしている。

【参照ページ】
(原文)Ilmarinen invests in new climate-focused exchange-traded funds
(日本語参考訳)BlackRock、Ilmarinenからの4,000億円超の出資を軸とした気候に特化した新しいETFを販売開始

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る