Energy Impact Partners、欧州気候技術基金に約560億円を調達

9月13日、サステナビリティに特化したベンチャーキャピタルファンド Energy Impact Partners(EIP)は、北米以外で初めて、ネット・ゼロ移行を加速する気候技術企業に投資する欧州ファンドを立ち上げると発表した。

本ファンドは、欧州全域で成長投資とベンチャー投資を行い、エネルギー転換の分野で、製品、市場、顧客が確立された企業を求めている。

EIPによると、本ファンドは、起業家と提携し、資本と商業的支援で成長を支援する一方、欧州企業には北米での市場拡大や撤退の機会を提供できるような仕組みになっているという。

調達先としては、マイクロソフトのClimate Innovation Fund、アブダビ投資庁(ADIA)、EDF Pulse Ventures、Shell Venturesなど、幅広い機関投資家、インパクト・インベスター、企業から3億9000万ユーロ(約560億円)を集めてスタートする。

【参照ページ】
(原文)Energy Impact Partners launches in Europe with EUR 390 million to accelerate the push towards net zero
(日本語訳)Energy Impact Partners、欧州気候技術基金に3億9,000万ユーロを調達

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る