EYとマイクロソフト、グリーン・スキル・トレーニング・プログラムを開始

 

10月2日、世界的なプロフェッショナル・サービス企業であるEYとハイテク大手のマイクロソフトは、グリーンな仕事を見つけ、グリーンエコノミーの機会を追求するためのサステナビリティに関するスキルを若者が身につけることを目的とした新しい無料オンライン教育プログラム「グリーンスキルパスポート」の開始を発表した。

新プログラムは、昨年EYとマイクロソフトが発表した協力関係の一環で、サステナビリティ、科学、技術、工学、数学(STEM)に焦点を当て、若者のスキルアップを図り、何百万人もの人々の労働力への参入や再参入、新規事業の立ち上げを支援することを目的としている。

両社によると、新プログラムは、国際労働機関(ILO)が2030年までに2,400万人のグリーン雇用が創出されると推定しているように、持続可能性におけるスキルギャップに対処することを目的としている。

本プログラムでは、EYが監修したラーニングパスを使用し、マイクロソフトコミュニティトレーニングプラットフォームで、サステナビリティ、起業家精神、雇用のためのスキルなどの主要トピックに関する10時間のバーチャルコースが提供される。

本コースでは、EYとマイクロソフトの修了証が発行されるほか、グリーンな仕事を探すためのウェブサイトやリソースのデータベースへのアクセスが提供され、履歴書の書き方や面接の準備など、雇用に関するスキルも学ぶことができる。

新プログラムは、米国、インド、バングラデシュで実施されたグリーン・スキル・パスポート・パイロット・プログラムの成功に続くもの。1,400人以上のコース修了者がおり、そのうちの61%がグリーン・ジョブに応募する予定であり、43%がサステナビリティに関する大学の学位に入学するか、さらに関連クラスを受講する予定であると述べた。

【参照ページ】
(原文)EY and Microsoft expand social impact collaboration and advance sustainability education worldwide with Green Skills Passport
(日本語参考訳)EYとマイクロソフト、グリーン・スキル・トレーニング・プログラムを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る