Summit Nanotech、リチウムソリューションの拡大で約64億円の資金を調達

クリーンテック企業Summit Nanotech、リチウムソリューションの拡大で約64億円の資金を調達

1月18日、クリーンテック新興企業のSummit Nanotechは、直近の資金調達ラウンドで5,000万ドル(約64億円)を調達したと発表した。本資金は、リチウム生産能力の拡大と、リチウムのサプライチェーンにおける課題への対処を目的としている。

リチウムは、ほとんどのエネルギー貯蔵システムにおいて重要な材料である。EVメーカーやサプライヤーからのリチウムに対する需要が急速に高まっている一方で、供給量の増加が遅れていることが、EVおよびバッテリー業界にとって重要な課題となっている。また、リチウムのサプライチェーンは、温室効果ガス(GHG)排出や材料の廃棄物など、サステナビリティに関する課題にも直面している。

2018年に設立されたSummitは、独自の直接リチウム抽出(DLE)技術を開発し、リチウム生産者の天然資源の保全と最適なオペレーションを可能にしている。同社のソリューションは、高度な化学とエンジニアリングを適用して、従来の方法よりも速く鹹水溶液から高品質のリチウムを抽出するとともに、淡水の使用を最小限に抑え、化学物質の使用を制限し、低圧と低温を使用してGHG排出を緩和する。

今回の資金調達は、Evok InnovationsとBDC CapitalのClimate Tech Fundを含む気候変動に関心のある投資家が主導し、既存投資家のXora InnovationとCapricorn Investment Groupが参加した。このほか、Volta Energy Technologies、NGP、Helios Climate Ventures、The Grantham Foundationなど、気候変動に関心のある複数の投資家が新たに資金調達に加わった。

【参照ページ】
(原文)Summit Nanotech Secures US$50M for Lithium Extraction Technology to Support the Energy Transition to Net Zero 
(日本語参考訳)Summit Nanotech、リチウムソリューションの拡大で約64億円の資金を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る