分散型発電スタートアップ アスペン、約140億円を調達。200MWのパイプラインを始動

分散型発電スタートアップ アスペン、約140億円を調達。200MWのパイプラインを始動

分散型発電のスタートアップであるアスペン・パワー・パートナーズは、最新の資金調達ラウンドで1億2,000万ドル(約140億円)を調達し、分散型太陽光発電と蓄電のプラットフォームの正式立ち上げを発表した。

アスペンは、「脱炭素社会の加速と民主化」というミッションのもと、地域社会や多世帯住宅などの分散型太陽光発電・蓄電設備の開発・融資を通じて、あらゆる所得レベルの消費者や、アクセスが困難な不動産を持つ企業が再生可能エネルギーにアクセスできるようにすることを目的としている。

アスペンは、12カ月から24カ月で完成する見込みの初期段階の分散型発電および蓄電ポートフォリオを専門とし、自社プロジェクトを立ち上げ、そのポートフォリオについて地元のデベロッパーと提携している。同社はすでに、カリフォルニア州、メイン州、メリーランド州、ニューヨーク州、ペンシルバニア州で、合計200メガワット(MW)を超える48件の地域分散型太陽光発電プロジェクトの取得または開発に関する契約を締結している。

アスペンは、エネルギー転換に特化したベンチャーキャピタル投資会社であるエナジー・インパクト・パートナーズ(EIP)から初期の調達を行っている。今回の資金調達には、ウルトラ・キャピタル、レッドボール・パワー、その他資産運用会社、ファミリーオフィス、エンジェル投資家が参加している。

【参照ページ】
(参考記事)Aspen Power Partners Launches with $120 Million in Funding, 200 MW of Community and Distributed Solar
(日本語訳)分散型発電企業アスペン、140億円を調達。200MWのパイプラインを始動

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る