分散型発電スタートアップ アスペン、約140億円を調達。200MWのパイプラインを始動

分散型発電スタートアップ アスペン、約140億円を調達。200MWのパイプラインを始動

分散型発電のスタートアップであるアスペン・パワー・パートナーズは、最新の資金調達ラウンドで1億2,000万ドル(約140億円)を調達し、分散型太陽光発電と蓄電のプラットフォームの正式立ち上げを発表した。

アスペンは、「脱炭素社会の加速と民主化」というミッションのもと、地域社会や多世帯住宅などの分散型太陽光発電・蓄電設備の開発・融資を通じて、あらゆる所得レベルの消費者や、アクセスが困難な不動産を持つ企業が再生可能エネルギーにアクセスできるようにすることを目的としている。

アスペンは、12カ月から24カ月で完成する見込みの初期段階の分散型発電および蓄電ポートフォリオを専門とし、自社プロジェクトを立ち上げ、そのポートフォリオについて地元のデベロッパーと提携している。同社はすでに、カリフォルニア州、メイン州、メリーランド州、ニューヨーク州、ペンシルバニア州で、合計200メガワット(MW)を超える48件の地域分散型太陽光発電プロジェクトの取得または開発に関する契約を締結している。

アスペンは、エネルギー転換に特化したベンチャーキャピタル投資会社であるエナジー・インパクト・パートナーズ(EIP)から初期の調達を行っている。今回の資金調達には、ウルトラ・キャピタル、レッドボール・パワー、その他資産運用会社、ファミリーオフィス、エンジェル投資家が参加している。

【参照ページ】
(参考記事)Aspen Power Partners Launches with $120 Million in Funding, 200 MW of Community and Distributed Solar
(日本語訳)分散型発電企業アスペン、140億円を調達。200MWのパイプラインを始動

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る